スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

新曲投稿 「月と廃墟」



一人っきりの世界に孤独なんて無いから

きっとこの街は廃墟で

それだけで僕は満足だった

たとえ、月が僕にわらいかけてくれなくても






【初音ミクSweet】月と廃墟【オリジナル曲】







-----

というわけで新曲です。

オルタナ!って感じで作りましたが、音使いはどっちかっていうとポストロックな感じかな。

ギターソロは、Amplitubeのオクタヴィアを挿して、OR120のパッチに突っ込んで録りました。

ギターソロはやっぱ、人の泣き声みたいじゃないとダメだ、っていう自分のオルタナ理論を押し出して、ブチギレました!

やっぱギターソロで狂ってこそロックだよね!

-----

絵は金子開発さんに描いてもらいました。

まだラストのサビができてない状態で依頼をして、曲が完成するまえに超スピードでイラストを上げてもらってびっくり。

しかも、この暗い曲の世界観を、広げて、どこか幻想的で優しいものにしてくれる、素晴らしい絵!

すっげーかわいいし!(重要)

買ったばっかのWavesも刺しまくって行きましたよ!

ギターソロの音が若干、高音キツかったので、Kramer Master Tapeを挿してメロウにして、ソロ終わりの最後の一音の所で、オートメーションでエコーのFeedbackを上げて、遠吠えの様に最後の一音を伸ばしてみました。

思いつきだったけど、そこのパートが結構かっこよくなって満足。

------


ありがたいことに、デイリーランキングにはいって、初めて1万再生も超えて、感激です。

色々な曲を書いたけど、その上で、こういう暗くて、やりたい放題にやってる曲が伸びるっていうのは、自分の中では凄く嬉しい。

-----


ちなみに、フラジールはやったことないです。

ただ、当時から話題になったのは知ってて、「月の廃墟」ってタイトルをパっと思いついて「どこかで聴いたことあるなー」と思ってたらフラジールだった、っていう経緯で、タイトルを「月と廃墟」にチェンジ。

でも、ググってみたら、月と廃墟って曲もあるのね!




月と廃墟 歌詞


 月はあんなに遠い 気にせず手を伸ばした 笑うなよ 本当に届くと思ってたんだ

ピントの合わない目じゃ 月に顔は見えない なんだよ 本当に一人ぼっちじゃないか

いっそこの街は全て 廃墟ならいいのかな 僕以外 誰もいないんだ 月だけが浮かぶ

キレイになりたいんじゃなくて 汚れてる事に気づきたいだけ
一人に慣れたんじゃなくて 一人しか知らないだけ
薄い月明かりが 心の隙間を冷たく満たせば
照らされて 晒されて 痛み募る 愛しい 僕の廃墟

月が落ちそうな夜に僕らは手を伸ばした
笑ってよ まだ届くと思ってるんだ

キライな 自分を 抱く世界 汚れを塗りたくれ 月が嘲うまで
孤独の意味すら忘れて しまえれば よかったのに
薄い月明かりが 青く夜を染めて 世界を溶かせば
届かないものなんて 一つもない 愛しい 僕の廃墟

そして 月が わらった
スポンサーサイト

テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

2013.07.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

神尾けい(元かおすけいおす)

Author:神尾けい(元かおすけいおす)
平成生まれ、シアトル在住のギタリスト/作曲家/エンジニアもどき。専門はジャズながら、ロック、ブルーズ、フュージョン、なんでも弾き、書きます。

使用機材
Fender Telecaster Classic 60's
Fender Telecaster Thinline Classic '69
Gibson ES-335 1990
RME Fireface 400
dbx 286a
Focusrite ISA Two
Shure SM-58
CAD GXL3000
AKG C414
Sennheiser MD421 (Gothic)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。