スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

楽しい図工 インシュレーター的な何か

さてさて、オーディオスピーカーと言えば、巷ではインシュレーターで低音を吸わないとテーブルが共鳴して不明瞭に鳴るよ!とか、我々凡人の耳では多分わからない違いの話題がよく飛び交ってますね!(挨拶)

というわけで、前々からスピーカーの高さ調節も兼ねて、スピーカー用の台を自作しようかな、と思っていました。

たたテーブルのサイズ的に、あんまり大きくできないのと、15センチほどの高さの台を、コンパクトにまとめようとしたら不安定になるかなぁ、ということで断念。

理想としては台の下に別のスピーカーを収納したかったんですが、そうなると色々とめどいですし。

じゃあテーブルにベタ置きしながらも、上向きに角度をつけて、リスニング位置を調整しようかな、ということで、なら、それをどこぞで読んだインシュレーターとかいうのでついでにやってやろう、と思ったわけです。

とりあえず買ったもの。

丸ボルト、ゴムシート、両面テープ。

RIMG0002_20110903085320.jpg

ボルトは、大きいの2つに普通サイズ4つ。大きいやつを前につけて角度をつけようかな、と。

ゴムシートは、太いのが欲しかったんですが、どうにも売ってなかったので薄いのを重ねて使うか・・・、ということに。

しめて約1000円。

しかし、アメリカのホームセンターの無駄なデカさは異常。あれ、店員いなかったらこれだけの物見つけるのに1時間はかかった・・・。


とりあえずボルトを取り付けます。

RIMG0005_20110903085319.jpg

本当に効果あるのかねー、ぺたぺた。

できるだけ角度をつけるために、前のボルトはギリギリまで手前に接着。

正三角形じゃないほうがいいとかなんとからしいですが、よく分からないしとりあえずぴっちり作りたいので今は三角形w


ひたすらゴムシートを切る。意外と指が疲れる、ざくざく。

RIMG0006_20110903085319.jpg


そしてこれを重ねてスピーカーを上に乗せる!

RIMG0007_20110903085319.jpg


・・・・・なんという自作感!!ご利益なさそうだなオイ!

高さを稼ぐためにはこれしかなかったんです。DIY感丸出しですね。

いいんですいいんです。前みたいに、CDのシリンダーケースと段ボールに乗っけてた時よりはマシです。

段ボール箱とか、中で振動するから絶対ダメですよね。多分。


で、リスニング位置がおおよそ、ウーファーとツイーターの間に来るくらいに設定。

この違いだけはもう、自分の耳でも分かるくらいには音が違うんですよね。

なんていうか、中域から上の明るさが全然変わります。スピーカーって、リスニング環境でホント全然かわるんだなぁ。

あと、テーブルとの共振なのか、反射してるのかわからないんですが、テーブルに直置きだったときは、低音のこんもり感が半端なかったです。

200Hz以下くらいかな(カッコつけてます)、そこらへんが凄いこもってて、重たい感じ。ぼんやりしてて聞きづらい感じ。


RIMG0010_20110903085318.jpg


そんなわけで完成!スカイプしながら作業で20分くらい!w

ちなみにリファレンスはthe pillowsのアルバムPIED PIPER。

低域がすっきりしました!ダマになってる感じの鳴り方だったのが解消されました。

ちなみに、リスニング位置が変わったのと、インシュレーター(的なもの)の影響、どちらなのかはわかりません!w

そもそもこのゴム、高さ調整以外の意味はちゃんと成しているのだろうか・・・。

でも聴こえ方はしっかりと、「ウーファーとツィーターの間へ耳を持っていった時」の聴こえ方に近くなっていたので、角度をつけた方の効果はしっかりあったようです。


これでコメントとかで「え?そんなのじゃなんの効果もないよ?wプラシーボじゃね?」とか言われたら泣く。


ううむ、割と楽しかった。

あとは自分の耳を鍛えるだけだw

the pillowsのNo Surrenderを聴きながら。いつものヘンテコなpillowsリフだけど凄くロックなパターンです。Peeちゃんのリフのセンスって凄いいいよねぇ

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

2011.09.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 機材

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

神尾けい(元かおすけいおす)

Author:神尾けい(元かおすけいおす)
平成生まれ、シアトル在住のギタリスト/作曲家/エンジニアもどき。専門はジャズながら、ロック、ブルーズ、フュージョン、なんでも弾き、書きます。

使用機材
Fender Telecaster Classic 60's
Fender Telecaster Thinline Classic '69
Gibson ES-335 1990
RME Fireface 400
dbx 286a
Focusrite ISA Two
Shure SM-58
CAD GXL3000
AKG C414
Sennheiser MD421 (Gothic)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。