スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

相対性理論「シンクロニシティーン」

以前にも書きましたが、相対性理論にベタばまりしています!

なかでも、「シンクロニシティーン」は初めて聴いたアルバムで、全曲中毒性が異常なので、よく聴いてます。

初めて聴いたときにふと思ったのが。このボーカルかなーりゲインギリギリで録られてる?ってこと。






シンデレラとミス・パラレルワールドでは割りと顕著なんですが、所々でボーカルがほんの少し歪んでるような感じになるんですよね。


これあれか、アナログのサチュレーションってやつなのかな?

割りと囁くようなボーカルだから、ゲイン高めに録った結果、ところどころのピークで少しホットになったのかな?

「正しい相対性理論」っていうアルバムで、坂本龍一がミス・パラレルワールドをカバーしている「QMSMAS」

大好きなのですが、とにかく広がるようなピアノの響きにボーカルの音圧と、歪みが存在感ありすぎてそこがいつも気になってあんまり聴いてないんですよね(・ω・`)

ううむ、やっぱり囁くようなボーカルに存在感をもたせるための意図的な効果なのかな。


ボーカルのやくしまるえつこさん、割と音程甘いところがちょくちょくあって、友達に

   「ここの少し音程がフラットになってる所がむしろちょっとブルーズスケールっぽくていいんだよ!」

とか

   「このつなぎの音程がほんの少しだけズレてるところが味があっていい」

とか友達に語ったら、凄い異常者を見るような目で見られました。

・・・こういう聞き方をする人ってあまりいないのか・・・?

具体的にはさわやか会社員って曲のサビの「さ(わやか)サンシャイン」の(わやか)の部分の音程のだらーっとしたつなぎ方がたまらん。



という割りとどうでもいい呟きでしたw


教授のパラレルワールド聴きながら。いいなぁ、ピアノが場を支配しているこの感じ、広がり、いいなあ!

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

2011.08.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

神尾けい(元かおすけいおす)

Author:神尾けい(元かおすけいおす)
平成生まれ、シアトル在住のギタリスト/作曲家/エンジニアもどき。専門はジャズながら、ロック、ブルーズ、フュージョン、なんでも弾き、書きます。

使用機材
Fender Telecaster Classic 60's
Fender Telecaster Thinline Classic '69
Gibson ES-335 1990
RME Fireface 400
dbx 286a
Focusrite ISA Two
Shure SM-58
CAD GXL3000
AKG C414
Sennheiser MD421 (Gothic)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。