スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

カムパネルラ弾いてみた

思い立ってから、アレンジ→録音まで1日で終わらせたから、きっと色々甘いところがあると思うけど、新しい動画謎落としてみた。


【Frisell Jazz Arr.】カムパネルラを切なくギターアレンジ【けいおす】



というわけで、ささくれP様のカムパネルラ。

始めて聴いたときから、音の使い方と空間の残し方が大好きで、ハマってた曲でした。

自分なりにそんな曲を作ってみたりしてたんですが、やっぱりギターを弾いてると一番しっくりくるので、自分なりの解釈でアレンジしてみました。


最初はソロギター部分のみだったんですが、ためしにGUMIのスキャット部分をギターで弾いて、逆再生して音源に重ねてみたら、非常に空間的に面白い音になったので、それを盛り上がりに使うことに。

ちなみにメインメロと逆再生音にはリバーブ→ディレイ→リバーブをかけてます。

非常に空間的で、ずっと聴いてると頭が侵されそうで、俺が大好きな雰囲気になりましたw


こういう音と音の余韻を重ねていくテクは、Bill Frisellがずっとやっているので、タイトルにはFrisell Jazz Arr.とつけました。

自分なりのBill Frisellの音と空間の使い方の模倣ですw


自分的にはこういうのもジャズ(もっとモダンな)なので、ジャズアレンジと銘打って見ましたが、ほかの人はどう思うんだろう。


このアレンジ、もうちょっと練りこんで作ってみようかなぁ。録画とか気にせず。最終的に面白い物ができそう。

Bloodthirsty Butchersの散文とブルースを聴きながら。歌詞も演奏も凄いロック。コレがロックじゃなけりゃ何がロックなんだ!っていうくらいロック。日本のロックへの憧れを掻き立ててくれる、最強に最高な曲。

スポンサーサイト

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

2010.12.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 動画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

神尾けい(元かおすけいおす)

Author:神尾けい(元かおすけいおす)
平成生まれ、シアトル在住のギタリスト/作曲家/エンジニアもどき。専門はジャズながら、ロック、ブルーズ、フュージョン、なんでも弾き、書きます。

使用機材
Fender Telecaster Classic 60's
Fender Telecaster Thinline Classic '69
Gibson ES-335 1990
RME Fireface 400
dbx 286a
Focusrite ISA Two
Shure SM-58
CAD GXL3000
AKG C414
Sennheiser MD421 (Gothic)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。