スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ミク新曲投稿 「ハコニワキャンバス」

「広い広い世界を描く私は、誰でもないから誰にでもなれたの。」
そんな日々の終わりを感じながら、子供のようにダダをこねることでもう少しここに居たかった
だって外はあまりに狭いから。


【初音ミク】ハコニワキャンバス【オリジナル曲】




ミクオリジナル曲第二弾です!

今回は、仮題「エレピとアコギ」のわりにアコギはあんまり聞こえてこない曲に仕上がりました。余談です。

イントロだけ先月あたりに出来てて、なんかエレピ(Wurlitzer)いいなーと思って書き始めたら、思ったより速いペースで完成したのでうpにこぎつけましたw

最初は、とある小説のオマージュでもしようかな、と思ったんですが、そんな洒落たことする文章力がなかったので断念しました。

その名残だけ少し残ってますw

つーか、キャン「バ」スなんですね。キャン「パ」スじゃなくて。

今回も最後の最後でボーカル入れなおしですよ!w こういう基本的なことにはもうちょっと早く気付こうな>俺



歌詞


ハコニワキャンバス

誰もが描いた物語 いつか終わるその物語

まだ真っ白な世界にぼくは 大きな大きな街を描く
まだ誰もいないその街に 大きな大きな船を描く

最初に生まれたぼく達は なんにも知らない原始人
壊れ始めた世界をおいて 船に乗り込んで旅に出る

広い広いキャンバスをしまい そこには一人のうそつきと
壊れてしまった世界だけ 回るのをやめた世界だけ

北極星もみずがめ座も 七色に光るシリウスも
ホントは少しさびしがりで 凍えて凍えて過ごしてる

ぼくもきみも誰もここでは 寂しい寂しい異邦人
だから今日もいつもどこかへ ぼくらはぼくらは旅立つの

ああ 時間がない ああ 遅れてしまう

こんな物語演じては 今日もまた息をつく
嘘だらけだっていい もう少し 観て行って
気がつけばひとりきり 夜に向け歌ってる
そんな言葉たち並べては また幕が降りる

広かったはずのキャンバスは 日ごとに輝きを失った
それでもぼくはここにいるよ きみを見送ってつぶやいた

ああ 時間がない ああ 忘れていたい

ひとり物語演じてる 何かに追われるように
もう終わりは来る そんなことわかってる
あと少しのストーリー よせ集めた言葉たち
ああ 終わりと始まりを 告げる幕が上がる

もう止まった世界 そろそろ行かなきゃ 
ひとりぼっちは嫌だから ホントのことを伝えなきゃ

最初の一歩はただ重く それでもなんとかふみ出した
振り返って寂しげに笑い 「ドラマみたいだ」とはにかんだ

二歩目は少し軽くなって ふく風が背中をくすぐった
たちくらむような太陽も 今だけは少し嬉しかった

三歩目からはリズムになった これからを歌う唄になった
長い明日からのぼくらを 塗り替えるための唄になった

ぼくだけが描く物語 これからも続く物語

スポンサーサイト

テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

2011.07.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 動画

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

神尾けい(元かおすけいおす)

Author:神尾けい(元かおすけいおす)
平成生まれ、シアトル在住のギタリスト/作曲家/エンジニアもどき。専門はジャズながら、ロック、ブルーズ、フュージョン、なんでも弾き、書きます。

使用機材
Fender Telecaster Classic 60's
Fender Telecaster Thinline Classic '69
Gibson ES-335 1990
RME Fireface 400
dbx 286a
Focusrite ISA Two
Shure SM-58
CAD GXL3000
AKG C414
Sennheiser MD421 (Gothic)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。