スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ES-125 TC

今日はギターの紹介です。

Gibson ES-125 TC 1969

RIMG0004_20110226185010.jpg
RIMG0007_20110226185142.jpg
RIMG0006_20110226185018.jpg


俺が持っているギターで一番良いギターです。

これぞまさに「ジャズ」ギター。

王道ジャズギターの、ES-175というギターがあるのですが、これはどうやらその廉価版として製造されていたものらしいです。

なので、ペグや、ブリッジ、インレイ、ピックアップなどが少し地味、あるいはランクが下がってます。

どうやら1970年代には製造を中止したらしいので、この69年は割とこのモデルの後期に製造されたようです。

それもあってか、ギブソンのヴィンテージフルアコにしては割安の値段で入手。傷なんか殆ど無い美品を。

形としては、ES-125 T(シンライン) C(カッタウェイ)ということで、ボディの奥行きがいわゆるフルアコの半分程度です。

ただ、生音は非常に大きい!

他に見たどんなフルアコよりも生音が大きいです。ほぼちょっとボディの小さなアコギレベル。

これを良いと見るか悪いと見るかは人次第です。実際、生音が大きい=ハウリングしやすい なので。

フルアコっていうのは、あくまでもエレキなので、生音が小さい=アンプから通した音を重視にデザインされている、っていう事です。

生音大きい=悪いフルアコというわけでは決してありませんが。

これも廉価版ゆえなのでしょうか。175の生音ってほんと「エレキ」の生音だもんね。

個人的には、Joe Pass的なソロギターをよく練習するので、生音が大きいと深夜の練習とかには気持ちいいです。

ちょっとしたFreddie Greenスタイルのリズムギターならアンプの音ほとんど出さずにできますしw


そして大事な音色です。

非常にスキっとした、クリアだけど骨のある良い音です。

個人的には、トーンを5か6あたりまで絞ったトーンがベストです。

アンプ、コンディションによってかなり変わりますが。

このギターはほんとに音がにごらない!

ハムバッカーのギターは得てして、ほんの少し歪むあたりでジャズトーンで弾いたりすると音が濁るものです。

Wes Montgomeryしかり、Kenny Burrellしかり、それがいいところでもあるんですが、ジャズのコードのハーモニーを綺麗に聴かせるときには邪魔になります。

そういう意味で、このギターの本領はコード弾きにあると思います。

ハムバッカーほど音は太くはないですが、音がクリアでなお太いという中間点の、いい落とし所なんじゃないかなーと思います。


ただ、P-90と言えばとにかくメインの問題ですが、

   ノ イ ズ が ひ ど い ! !


バラード曲やってる時とか、ブレイクがある曲とか、非常にノイズが鬱陶しい。

古いギターだから、配線の問題でもあるのかな?と思いましたが、多分ピックアップです。

これ以外の125を弾いたことがないので断言はできませんが。

あと、チューニングがずれやすい。

ブリッジが木製なのと、ペグが175に載ってるものと比べると下位モデルなので、おそらくそれかな、と。

そして、テイルピース。

ちょうどバンダナを挟んでいるところにある金具ですが、トラピーズ、「空中ブランコ」という得てして妙なネーミングなのですが、これがギターに共振します。

なのでバンダナは割と必須。カッコ付けてるわけじゃないです。ていうかむしろこれカッコ悪いです。


以上の理由もあり、ブリッジとペグの交換を検討中。

ピックアップはできるだけ変えたくないけど、もしかしたらP-100を試してみるかな・・・?

このギターはとにかく好きなので、できるだけ現場で使えるギターにしてやりたい!

ただ、万が一売ることになったら、改造しすぎてビンテージ価値が下がるのも・・・という現金な考えがあるのも事実です。せこい、さすがかおす、せこい。


ノイズどうやったら消えるかなぁ。


Wes MontgomeryのWhat's Newを聞きながら。ジャズギターの神様です。割とギターのトーンにばらつきがありますよね。このWhat's Newでのトーンは凄いキレイ。たまにビックバンドと演奏してるレコーディングを聴いてると、Wesのソロが始まった瞬間、「あれ?ピアノ?あ、ギターか」ってなることがたまにありますw 俺の耳が悪いのもありますが、それくらい、いいトーン。

スポンサーサイト

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

2011.02.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 機材

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

神尾けい(元かおすけいおす)

Author:神尾けい(元かおすけいおす)
平成生まれ、シアトル在住のギタリスト/作曲家/エンジニアもどき。専門はジャズながら、ロック、ブルーズ、フュージョン、なんでも弾き、書きます。

使用機材
Fender Telecaster Classic 60's
Fender Telecaster Thinline Classic '69
Gibson ES-335 1990
RME Fireface 400
dbx 286a
Focusrite ISA Two
Shure SM-58
CAD GXL3000
AKG C414
Sennheiser MD421 (Gothic)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。