スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告


スポンサーサイト

2020.08.31 | コメント(1) | トラックバック(2) | 未分類

久々に

ひえぇ…3年くらいブログ放置してたでござる…。
前に書いた記事が大学卒業前って、一体どういう具合だよ。

音大を卒業も何時のことか、今はスタジオでハウスエンジニアという生き物として活動してます。

2016年ですね…。
色々ありすぎて、ボカロ曲とか全然アップしてないんですが、書き溜めた曲が山ほどあるんだよなぁ。
どういう形で出そうかな、って悩んでたら結構経ってた、って感じの曲がですね…。

3年前に作り始めて、しばらく停止してた、自分のアルバム制作のプロジェクトなど再開してます。
EP程度でいいかな、って思ってたけど、何曲か今書き足してる途中で、10曲くらいになるかな、という感じ。

そもそも、アメリカに住んでるので、物品を売れないし、Bandcampとかでオンラインストリーム販売なんかしてもしかたないので、発表方法を考えないとなあ。


とまあ、そんな近況です。…ちょっとはマメに更新しとこ。

-----------

People in the boxの空は機械仕掛けを聴きながら。
ピープルのアルバムって、「コンセプトアルバムさ」ってすごいあるんだけど、このTalky Organsってほんと特にその色が濃い。
EPな分、濃密。
Citizen Soulみたいに世界観が濃いんだけど、音や曲はWall, Window以降の、バンドものなのにバンドっていう枠を超えたものになっていて、それが世界観の深さに凄く影響してる。
コンセプトアルバムの1曲目ってやっぱり凄く大事なのよね。
どこまで世界観を見せるのか、隠すのか、示唆するのか。
アルバムの中で一番暗くても明るすぎてもいけないし、それであって聴き応えがないといけない。
David BowieのFive YearsやイエモンのSecond Cryや…。
そういう意味合いで、この「空は機械仕掛け」は非常に曲としても役割としても、世界観や物語の入り口としても凄い出来。
波田野さんの作詞作曲能力には、本当に心から感服する…。
People in the Boxってほんと懐が深いバンドだよなぁ。

「事の始まりを告げる 遠くでいななく銃声」
「テレビは生きているのさ」
「優しい軍隊が制圧していく 僕の体を」
「何が起こったって平気? 僕は強くなれたかな」

なんというか、このアルバムって明らかに「戦争」っていうのがテーマとしてあって、そこにシュールさ、リアリティの欠如ってのがもう一つテーマとして提示されてるように聴こえる。
ちょうど「集団的自衛権」の話題がよく登っていた時期だったから、どうしてもそこを想起させられたかな。

2016.04.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

2013年 ボカロ曲総括

2013年はシューゲ、ポストロック、オルタナ、とにかくロック系の曲の音探しに心血を注いだ年でした。
では早速行きましょう。

【初音ミク/GUMI】人類の化石【オリジナル曲】


今年1曲目。
ヘビーなコンセプトのシューゲ。どこか和風っぽいというか、歌謡曲の様なメロに聴こえるのがお気に入り。
そういうメロディと、どこか安っぽい歌詞に、シューゲのサウンドっていう違和感を狙って書いた曲。

【初音ミクAppend】ハロー、ミス・コメット【オリジナル曲】

シューゲ第二弾。これも、世界観押しの曲かな。
シューゲはそういう、世界観が強い曲が合うと思う。
この曲に使ったイラストはpiaproで借りたんだけど、ホントに奇跡じみた出会いだったと思う。
たとえ描き下ろしを依頼しても、ここまでこの曲にぴったりなイメージのイラストはまず書き上がらなかったろう、っていうくらいに、ドンピシャなイラスト。
特にこの曲では、この出会いが曲の世界観に芯を与えてくれたと思う。


【初音ミクAppend】君のための雨のワルツ【オリジナル曲】


今年の、へんてこポップソング。こういう曲を書くのは大好きなのだけど、歌詞とかがなかなか出てこないんだよね。
この曲もご多分にもれず非常に苦労した…。
チェンバーポップ、ワルツ、そしてそこはかとなくエッセンスとしてのジャズ。
この曲は、完成した後にノートパソコンを盗まれたので、一から自分の音源を耳コピして打ち込み直したという記憶もあって…。
色々と思い入れ深い。
あと、この曲の少し前にKompleteを買って、ここからピアノ音源とかアコベ音源が差し替わってるかな。

【初音ミクSweet】月と廃墟【オリジナル曲】


オルタナ枠。こういう曲ずっと書いてみたかったんだよね。
最終的には、ピアノとかチェロとかが入って、全体的に聴きやすい感じの曲になったけど。
そして始めて1万再生を超えた曲…。まさかこの曲が、っていう驚きはあったなぁ。
歌詞お気に入り。これも今の歌詞になるまで二転三転してる。
そして始めて金子開発さんとのコラボ。仕事速いしクオリティ高いし頭がさがるばかり…。


【GUMI Whisper】なつ、ひかり。【オリジナル曲】


夏にあてられて作った曲。今年は夏をずっと日本に帰らずシアトルで、仕事して過ごしたので、こう、夏の始まりから夏の終わりを一つの国で体感して、凄くセンチメンタルになってしまって。
夏の終わりって切ねえなあ、じゃあ曲書くか、みたいに、これはかなりスムーズに書けた曲。
俺のポストロックな影響を色々と出せて色々とお気に入り。
そしてNo.734さんとの初コラボ!

【重音テト】Diggy Doggy Bobblehead【オリジナル曲】


テトの日曲。テトの日はこう、普段書かない曲をはっちゃけてかいちゃいましょう、っていう事が多いので、そういう曲。
サイケデリックなロックンロールとでも言うか。結構気に入ってる。
この曲のイラストは、Twitterで「犬耳テトのイラストとかないかなぁ・・・」と呟いてたらリプで「描きましょうか?」とかなんさんからメッセージが来て描いてもらったという、スピーディーな感じでした。
動画も、Final Cut Pro Xで自作して、曲に似合った、いい意味で騒がしい動画になったんじゃなかろうか。

【初音ミクSweet】正しい世界【オリジナル曲】


とあるマンガを読んで、すごい感動して、1週間足らずで書いた曲。
歌詞も曲も、特に特別な事をしてないんだけど、お気に入り。
この1年を通して、俺のロック曲の音作りが確立出来てきたなぁ、と感じた。
イラストは何度もお世話になってるamさん。
心に染みるようなロックの曲だと、この人のイラストを使いたい。
そういう雰囲気があるよね。来年も、この人のイラストで色々曲を書かせてもらいたい。


【初音ミクSweet】ふゆ、ぬくもり。【オリジナル曲】


なつ、ひかり。 が気に入っていたので、それと対になる曲を書きたいなーと思いつきで書いた曲。
これもなかなか速く書けた。
アコギと、フェンダー系ギターが鳴ってるポストロックは夏、アコギとシンセとシューゲイズはどこか冬っていう感じがあって。
そういう対比を目指した曲。マスタリングでも、俺の曲にしては少し過剰に詰めてみた。
あとは春と秋ね…。


【初音ミクSweet】アイソレート・アイソトープ【オリジナル曲】


コンピ用に書いた曲。今年の頭に作ったんだっけかな。
これもパソコン盗難のせいで一から作りなおした曲の一つorz
半年前に再び完成させた曲。今聴くと、ミックスが…。
でも雰囲気は凄くお気に入り。
この、説明しづらい雰囲気が好き。コード進行も少し工夫してたり。
これも金子開発さんのイラスト!今年はホントにいろんな絵師さんにお世話になった。


もちろん、発表してない曲とか、アルバム用に書いた曲とか、サークル用に書いた曲とかあるので、そういう考えたらまぁそれなりに書けた年なんじゃないかな。


来年は、今みたいに切なげなロックより、もっと色々鳴ってる感じのロックとか、あとは電子系に戻ってみたい。
でも歌詞があるから切なげなのになりそうだけどw

今年も色んな方にお世話になりました。
聴いてくださった方、動画に携わってくれた方、本当にありがとうございます。


Satellite Storiesを聴きながら。

テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

2013.12.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 動画

架空コンピ/Spangle

架空コンピに2曲目、Spangleで参加しました。

架空の曲のレビューに曲を書く、という企画で、そういった所から想像力をふくらませるのが好きなので、ぜひぜひ参加させてもらいました。

俺自身、よく把握してなかったんだけど、複数のネットレーベルが、それぞれ個別の4曲の組み合わせを選んでアルバムを作ってるみたい。

迷われレコードさんとCORECO Recordsさんの架空コンピに、2曲目Spangleで入ってます。

無料でダウンロード出来るみたいなので、是非聴いてね。

http://mayoware.seesaa.net

https://corecorecords.bandcamp.com/album/fictional-compilation


このコンピ自体の詳しいことはここに書いてる。
そして今回のコンピに投稿された全曲まとめてダウンロードも出来るみたい。

http://kikigatari.net


他の人が書いたSpangleを聴いてると、「そういうアプローチがあったか!」みたいな面白い驚きがあって、楽しかった。

--------------

なんというか、(少なくとも俺は)想像力って「箱」を与えられるとやっぱり膨らむもんなんだよね。

「無」から凄いものを想像/創作できるのは、やっぱり天才や根っからのクリエイターくらいなもんで、俺はある程度の枠組みを与えられないととっかかりを探すのが難しい。

でも「箱」があるからこそ、どこをどうやって期待に応えよう、期待を裏切ってやろう、みたいな想像が膨らんでいって、その結果今回の曲、Spangleは面白い曲になったんじゃないかなぁと。

イラストに絵をつけたり、単語から曲を作ったり、あるいは今回のようにレビューから曲を作ったり。

で、同じテーマに複数人で曲をつけて、それぞれのレーベルが独自の4曲を選んでアルバムにする形式っていうのも凄い面白いなあと感じた。

レビューっていう、作曲者側からすれば、ひとつの「制限」から、無制限な想像力を経て生まれた曲。

それを聴いて各々のレーベルが制限なく好きな4曲を選んでアルバムにする。

聴き手は、そのレーベルの4曲をアルバムとして聴くこともできるし、あるいは今回のコンピに応募された曲全てから自分なりのチョイスの4曲でアルバムを制限なく作ることが出来る。

この自由度が面白い。

色んな人が投稿した「Spangle」だけでアルバム作っても飽きねぇかもしんないねw



歌詞載せときます。


Spangle

作詞/作曲 神尾けい

say "I love you"
ビル間を すり抜けた 言葉が
君に届く ことは ないんだろうな

say "I hate you"
わかってるよ こんな言葉は
いとも簡単に 口にできるのにな

冴えない 頭で 伝えられることなんか
ないから 僕は このまま 街に飲み込まれよう

落ちる光 キラキラ 星の見えない街で
僕は 何を落としたんだ 何を諦めたんだ

伸ばす手に 光が ビルの途切れた空で
幾度 繰り返す永い夜 君に届かなかった夜

過ぎた 夜は 全て 奪い 後悔だけを 残して行った

say "I love you"
輝きを 失った 言葉が
まだ つっかえてるのは なんでだろうな

落ちる光 キラキラ 星の見えない街で
僕は 何を探したんだ 誰を求めてたんだ

伸ばす手に 光が まだ微かに輝く
幾度 繰り返す永い夜 君に届かなかった夜

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

2013.12.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

ハロー、ミス・コメット



あの子は月を

目指して飛んだ

夜の星は眩しくて

僕はあの子を見失う

君は月に 届いたかな?

その前に 燃え尽きたかな?



【初音ミクAppend】ハロー、ミス・コメット【オリジナル曲】






3月頃にアップした曲です。

オルタナ、シューゲイザー、ポストロック。

ファズギターと、非売れ線系ロックのかっこ良さを詰め込めるだけ詰め込みました。

色んなディレイや、クリーンアルペジオ、ファズの音の壁、エモいソロ、サウンド面では最強に仕上げようと頑張りましたw



歌詞も凄く気に入ってます。

元々「ハロー、ミス・コメット」ってフレーズが一番最初に出てきて、「ミス・コメット」はどうなったんだろ?って色々想像して広げて行きましたねー。

そして、大学のスタジオで、後輩の子のドラムとボーカルを録って生音版も録音したんですが、ボカロ版ではそこから数歩進んで、フルの曲にしました。


原曲がこちら。



【NNIオリジナル曲】ハロー、ミス・コメット【シューゲイザー】




こっちのほうがファズがヘビーかな。335で録ったのもあるし、ちゃんとスタジオの機材でギターを録音したのもあるのかな。



…あ、コメットさんとはなんの関連性もないです。




ハロー、ミス・コメット 歌詞

ハロー、ミス・コメット 君の飛び去った空を 僕はまだ眺めてる
君は月に届いたかな その前に燃え尽きたかな 今はもうわからないよ

ハロー、ミス・コメット さびしがりの星を空に 散りばめよう
これでもまだ足りないかい?

夜に浮かぶ月が さびしげに光るわけを 教えてよ
君は夜の欠片の その一つになった 君を傷つける 街を捨てて

ハロー、ミス・コメット 君の飛び去った空に 星が一つ流れたよ
君は今も泣いてるかな 少しだって笑えたのかな
今はもう この声も 届かないよ

ハロー、ミス・コメット

僕を置いて

テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

2013.07.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

神尾けい(元かおすけいおす)

Author:神尾けい(元かおすけいおす)
平成生まれ、シアトル在住のギタリスト/作曲家/エンジニアもどき。専門はジャズながら、ロック、ブルーズ、フュージョン、なんでも弾き、書きます。

使用機材
Fender Telecaster Classic 60's
Fender Telecaster Thinline Classic '69
Gibson ES-335 1990
RME Fireface 400
dbx 286a
Focusrite ISA Two
Shure SM-58
CAD GXL3000
AKG C414
Sennheiser MD421 (Gothic)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。